根暗少年の復讐ハーレム調教計画の第1話ネタバレ

根暗少年の復讐ハーレム調教計画 SP

佐々木のりおはチビで根暗で友達なんて一度も出来た事もない。
そして常に下から見られており、女性からも下に見られて扱われる始末。

そんな中、唯一優しく接してくれるのが幼馴染の天宮千夏の母親である天宮直子(44歳)。
のりおか少しばかりの好意を感じていたが、それよりも復讐心の方が上回っていた。

というのものりおの身近には舐めている人物が沢山。

その中の一人は自分の母親である佐々木晴美(42歳)。
勝手に進路も決めつけたり、乱暴な言葉を発して女性らしさのかけらもない。

もう一人は、スタイル抜群ではあるがイケメンとのりおを不平等に扱う担任教師の高橋佳澄(24歳)。

最後の一人は、幼馴染である天宮千夏。
いつも馬鹿にして、昔のりおがおもらしをした事をずっとネタにしてからかってくる陸上部のエース。

このメンバーにどう復讐するかはある事務所を訪れてから変化した。

そこの事務所の人間にその人物達の知られたくない秘密を教えてもらい、さらに体内に入ってしまえば興奮が抑えられなくなる媚薬とギンギンになってしまう勃起薬である。

早速これを三者面談の際に自分の母親と教師に使用しようと企む。
コーヒーの中に媚薬を仕込んで飲ませると早速、反応がある。

次第に暑くなってきた様子でその時に秘密を暴露。

先程まで普通だったのが顔を青ざめていく2人。

バラしてほしくなかったらおっぱいを出せと命令するとそんなり従う2人。
今まで下に見られてきたのをいきなり上の地位になって快感を感じるのりお。

そしてその命令は次第にエスカレートをして、母親にパイズリをさせて、さらにはフェラまでも!
もちろん射精は顔に出して、出した後はキレイにお掃除フェラをさせるのりお。

側で恐怖心で動く事も逃げる事も出来なかった先生は、次の餌食となる。

果たして先生の運命は?

根暗少年の復讐ハーレム調教計画の第1話の感想

久しぶりに興奮を覚えた作品の一つです。
なんでって自らの母親を性の対象としてお仕置きをするのですから屈折しまくっているのが特に面白かったです。
さらに教師の先生は24歳かつナイスバディの持ち主。
できる事なら自分も調教して、みんなの前ではしっかり者の教師、自分の前では変態のマゾとして作り上げたいものです(笑)
この作品はそういったSっ気がある人にはバッチリの作品になっていると思います。

根暗少年の復讐ハーレム調教計画 SP

みんなの口コミ

みんなの評価投稿数: 0

0

レビューを書く




Submit your review
*必須項目です


某有名私立大学ヤリサーの実態の第1話ネタバレ

某有名私立大学ヤリサーの実態

悠人と美春は小中高とずっと一緒に過ごしてきた幼馴染だ。
しかもこの2人、両想いなのだが想いを打ち明けられずに今までを過ごしてきた。

そして大学受験。
大学も同じところへ進学をしようとして、2人は勉強を頑張って試験を受ける。

合格したのは美春のみ…。
何と悠人は不合格になってしまい、諦めきれずに浪人をして1年もう一度、受験勉強をする事に。

一方で美春は晴れて大学生となり、サークルを選んだりしたり楽しそうな毎日を送っていた。
そんなテニスサークルを入部しようとした美春は新歓コンパに参加する。

居酒屋を借りたスペースでみんなでワイワイしているも、初めての雰囲気にまだ慣れずに一人で浮いてしまっていた。

そこに現れたのはこのテニスサークルの幹事長をしている郷山武志であった。
お酒もうまく飲ませながら、聞き手上手な彼の手に美春はいつの間にか酔っ払ってしまい、幼馴染の悠人の事やまだキスをしていない事など何でも喋ってしまう。

そしていつの間にか郷山とキスをしてしまっている…

お酒の中には酔いやすいように何かを入れたようで、もはや抵抗ができない状況にまでなってしまった美春。
郷山の手は胸へといき、そして最後はパンツの中まで手が入り初めての絶頂を迎えてしまう。
あまりの衝撃的な感覚で気を失ってしまった美春が次に目を覚ました時には下半身を露出した状態でテーブルの上に乗っていた。

そこにはテニスサークルの男性陣がみんな取り囲んでニヤニヤしていて、儀式が始まると…

郷山のアソコが露出しており、そのまま美春の中へとズブズブ入っていく!
初めての経験で激痛なのに無理矢理挿れてくる郷山に抵抗もできない美春。

結局、中にまで出されてしまう。
その後は他の男子部員達にも輪姦されてしまい、もはやヤリサーのメンバーへと無理矢理参加させられてしまった美春。

某有名私立大学ヤリサーの実態の第1話の感想

とにかくエグい。あんな清純系な女の子をハメ倒すなんて…
でもどこかで興奮している自分がいるのが否めません(笑)
そしてナイスバディの持ち主で、主人公の悠人は本当に残念なヤツだなと思いました。
彼がしっかりと美春を彼女にしておけば、まだこんな自体には免れたんじゃないかと思います。

Handyコミック 某有名私立大学ヤリサーの実態

みんなの口コミ評価

レビューを書く




Submit your review
*必須項目です


レビューを書く




Submit your review
*必須項目です


四畳半で密着3Pお泊り会!の第1話ネタバレ

四畳半で密着3Pお泊り会!

賢一のボロアパートに急遽、泊まらせてくれといってきた幼馴染の麗美とゆかり。
どういう理由かはわからないが、とにかく学校のすぐ隣に住んでいる賢一の家は溜まり場としては格好の場所であるからだ。

もちろんそういった魂胆に気付いている賢一は即お断りを入れるもなかなか引かない2人。
しまいには麗美のプロレス技を受けながらも耐えるも、ゆかりの純粋な気持ちで泊まってみたいという願いを受け入れる事にする。

早速、夏場で汗びっしょりな2人はシャワーに浴びたいと言い始める。
当たり前だが、ボロくて四畳半のアパートには個別でトイレとお風呂場が付いているわけではなく共有になる。

まずはゆかりが一番最初シャワーへ。
その間は何故か麗美に再びプロレス技で締めあげられる!

やっとの思いでプロレスから抜けだして、トイレへ。

用を足し終えて気付いたのだが、隣にはシャワー室で扉1枚挟んで向こうには全裸のゆかりが…
男性としても欲求を抑えながら必死で耐えていると、浴室にシャンプーが見当たらないゆかりはちょうど向こう側にいるだろう賢一にシャンプーを取って欲しいとお願いする。

そして扉が半分開いてシャンプーを渡そうとしたら滑ってしまい賢一はゆかりの方へとダイブをする。

気が付くとゆかりを押し倒したような画が…

果たしてこのまま襲い掛かってしまうのだろうか?

四畳半で密着3Pお泊り会!の第1話の感想

こういったストーリーが大好きです(笑)
できればこんなストーリーのような事を現実でやってみたかったです!
ツンデレの麗美もいいですが、清純系のゆかりも最高です。
てか賢一もイケメンだからこういったシチュエーションに巡り会えているんだろうと思いますけど…
この2人以外にも登場人物が増えてくれると尚いいんですが、どうなることやら…

四畳半で密着3Pお泊り会!

みんなの口コミ評価

レビューを書く




Submit your review
*必須項目です


俺得修学旅行の第1話ネタバレ

俺得修学旅行

姉である沙也加の代わりに強制的に女子校の修学旅行に参加する事になった、伊賀勇太。

この真実を知っている人間は、姉の親友である篠原佳織のみ。

何故、姉が女子校の修学旅行に性別の違う弟を参加させたかというと卒業アルバムが関係している。
実は彼女、前にも中学の修学旅行も高熱で休んでしまった。
そして時は過ぎて卒業時、アルバムが配られて見てみると何と大々的に修学旅行の思い出が数ページに及んで使われているのであった。
もちろん欠席している姉が映り込んでいるシーンは1枚もない。
ただ唯一、写っていたのは集合写真で一人だけ欠席していたという右上の心霊写真のような写りただ1枚だけであった。

この屈辱を絶対に高校になって味わいたくないと思った矢先の再びの高熱であったのだ。

何とか姉の代わりに上手く潜り込んで写真にも映り込んでいく勇太。

観光名所を巡っているとそこに同じ制服のスレンダーなギャルがパンチラをしているのを発見する!
うっかり見とれていると気づかれてしまい、キレられてしまう勇太。
何とか女性側としてパンツが見えていますよとジャスチャーを送って事なきを得る。

実は彼女この学校の三巨頭の一人、夏目ルナであったのだ。
この学校に通っている生徒は無事に卒業したいのであればこの三巨頭に関わってはいけないと言われている。

泊まり先に戻り、夕ご飯も食べて就寝前のマッタリタイムの時に時間差でお風呂に入ろうと浴室場に向かうと後ろから声が…。

「そっちは男湯だぜ、伊賀。奇遇だな一緒に入ろうぜ。」

まさかの三巨頭の夏目ルナであった…
もはや絶体絶命のピンチ!

果たしてどうなるのか…

俺得修学旅行の第1話の感想

まさか女子校の修学旅行に男子が潜入するなんて想像もつかないストーリーに惹かれてしまい購入。
ストーリー性やキャラクターも申し分ない。
これからの続きが楽しみです。

俺得修学旅行

みんなの口コミ評価

レビューを書く




Submit your review
*必須項目です


ふたりぼっちの放課後えっちの第1話ネタバレ

Handyコミック【ふたりぼっちの放課後えっち】 border=

とあるシンポジウムに参加の為に男子校へと訪れた生徒会長の竜胆はるか庶務の山田徹平

そもそも山田が庶務に選ばれたのはくじ引きと竜胆は言うが、直々の指名で選んだようだ…
つまりは好意を密かに寄せているのである。

しかし、ツンデレな性格の為か自分の気持ちを伝える事ができていない。

「いい山田?庶民の『庶』に雑務の『務』で庶務と書くの。つまりあなたは私の為にボディーガードのようにしっかり守らないといけないのよ?」

上から目線発言に呆れ返り適当返事な山田に怒る竜胆。

そして男子校では女子が学校内にいるという事で大賑わい
多くの男子に囲まれてチヤホヤされていると、一人不自然な動きをしている男子を発見する。

早速取り押さえてみると何と盗撮をしていた!
幸いにもすぐに画像を削除させたので無事にネットなどにばら撒かれずに済んだが心のダメージを負う。

無事にシンポジウムを終了して2人で歩いていると竜胆は山田に盗撮画像を見たか確認をする。
しかし、すぐに削除させた為に見ていないと山田。

仮にも男子校に訪れるのでリスクはあるはずなのに何も考えていない山田はキツイ一言を言う。

スキだらけのクセにスカートが短すぎるんだよ!

この一言でムキになった竜胆は山田に対して

あなただって大声で騒ぎすぎなのよ。大体、ボディーガードになりきっているつもり?もしかして2人きりで出張デートみたいな気分なんじゃないの?

もうあからさまな挑発的な発言に山田に火がつく。
しかし、自分でも何言っているんだろうと思い竜胆は階段を駆け上がる。
だけど男子校なので女性に対しての配慮な対策はしていないので追いかけるとあっという間にパンツが丸見え

顔を真っ赤にしながら竜胆は逃げ出すのを止めて今度は落ち込むように階段に座りだす。
だけどここで慰めると帰って怒らせてしまうと思うのでからかう事を思いついた山田はこの一言を浴びせる。

かえって竜胆の方が2人で出張デート気分なんじゃないの?

これに対して竜胆はムキになって怒ってくれればいつも通りだったのだが、まさかの一言…

そうだよ…山田…くん

いきなりのくん付けにビックリをする山田。
しかも何か様子が変だ…

ふたりぼっちの放課後えっち

ふたりぼっちの放課後えっちの第1話の感想

奥森ボウイ氏の最新作という事もあって即購入して読みました。
前作の俺得修学旅行(まだ連載中)と同じテーマは学園ストーリー。
ツンデレの生徒会長の竜胆はるかがまた気が強くてたまりません。
最終的に女の顔をしているので果たしてエッチの時はどんな豹変をするのかが読んでて楽しくなりますよ。
個人的にはこういう女性は嫌いではありません(笑)

みんなの口コミ評価

レビューを書く




Submit your review
*必須項目です